どんな日焼け止めが良いのでしょう?

5月もあっという間に後半!!

最近お客様から日焼け止めについて聞かれることが多いので、今日は紫外線対策について

 

目次

・基本的な日焼け止めの選びから

・今使ってる日焼け止め・・・本当に大丈夫?

・日焼け止めに頼りっぱなしにならないでね

 

・基本的な日焼け止めの選びから

日焼け止めに書いてある数値、詳しくご存じですか?

 

何となく、数値が大きいほうが日焼け止め効果が高い~とか、+の数が多いほうが効果が高い~とかはご存知ではないかと思います。

 

ここでおさらい!!

 

SPFとは・・・

紫外線を浴びた時に皮膚が赤くなるまでの時間をどのくらい予防できるかを数値化したもの。

SPFの数値は時間で20分で計算します。例えばSPF20の場合は

 

20分×20=400分

ということは時間で計算すると、6時間40分くらい日焼けをしないと言えます。

 

ではPAとは・・・

紫外線Aをカットして、お肌が黒くなるのを防ぐのを数値化したものです。

やはり+の数が多いほど、紫外線を防ぐ効果が高いと言えます。

 

では紫外線カット力の高い日焼け止めを皆選べば良いのでしょうか?

 

・今使ってる日焼け止め・・・本当に大丈夫?

上記のように紫外線カット指数が高いほど、効果が高いと言えるのですが、デメリットとしてはその分お肌に負担がかかる可能性が高い場合も…

 

というのも、紫外線カットには、紫外線吸収剤や散乱剤と言ってお肌に紫外線を入れない成分が処方されているのがほとんどですが、指数が高いほど、この成分が多いと言っても良いでしょう。

 

実はその成分がお肌が合わないとか、肌負担をかけてしまうので、ライフスタイルに合わせてこの数値は考えて選ばれるほうが良いかと思います。

 

日中室内でほとんど過ごされる方にはSPFは20前後、PAは++くらいで良いかと思います。

 

また、入っている成分によっては、酸化を進ませるものも・・・!!

 

お肌を紫外線から守るために塗っている日焼け止めで、お肌の酸化が進むって・・・!!

 

塗ってる意味がなくなってしまいます。

活性酸素を生まない、お肌を酸化させない日焼け止めを選びましょうね!!

 

今私が気に入って使っている日焼け止めは

 

紫外線吸収剤・界面活性剤フリー
敏感肌の方、アレルギー肌、またお子様にも安心して使っていただけます。
高濃度ビタミンC誘導体配合
日焼け止めなのに、高濃度ビタミンC誘導体を配合し、またその他の成分も美容液並みの処方。お肌に透明感を与え、紫外線や肌ストレスなどによって発生した活性酸素を抑え、またお肌をしっかりとケアしていきます。
こちらはもうすぐRで販売いたしますので今しばらくお待ちくださいね!!

・日焼け止めに頼りっぱなしにならないでね

そしてなんといっても、睡眠、栄養バランスを整えることが大切。

目から受ける紫外線も脳に指令を送ります。外出時はUV効果のあるサングラスを使用したり、飲む日焼け止めもおススメです。

 

【飲む日焼け止め・ミラグロで紫外線をなかったことに】こちらから★

 

オーガニック処方だからとか、紫外線吸収剤不使用だからと言っても、余計な添加物が入っていると、元も子もないです!この夏は、お肌に安全で優しく、尚且つ、しっかりと紫外線からお肌を守ってくれるUVケアをしていきましょうね~!

 

 

【Rオリジナルビフォーアフター】こちらから★

【お問合せは・ご相談】こちらから★

 

LINE@お友達登録募集中!!お得な情報発信中!!こちらからご登録くださいね↓

関連記事

  1. アコライムから待望のマスク【ヴェリテ】

  2. インテグリンとは??

  3. お一人おひとりにパーソナル肌再生プログラム

  4. 炭酸ミスト&アコライムウォーターの使い分け

  5. ルミナスUVプロテクトクリーム

    その日焼け止め大丈夫ですか??

  6. プラセンタの再生と鎮静力