シミトラブルで一番多い肝斑とは?

1年ぶりにお越しいただいたお客様。

『肝斑が前より濃くなって…』

1年の間、忙しくてなかなか自分メンテナンスに時間が取れなかったそうです。

起業女子として、忙しいということはある意味成功者として素晴らしいですよね~!

シャンデリア

肝斑とは??

 

シミには色々ありますが、

女性のシミトラブルでダントツなのが肝斑にお悩みの方です。

 

肝斑とは、

ストレス・過労・ホルモンの異常により発生し、

全体にべったり、左右の頬に対称にできるのが特徴で、

30~40代の女性に多く出てきます。

 

刺激は厳禁でレーザーも逆効果になることが多く、

紫外線によってさらに濃くなるとも言われ、なかなか対処に難しいシミなのです。

 

ビフォーアフターしみ

※こちらも肝斑を克服されたお客様のビフォーアフターです。

 

 

服用、塗布としてトラネキサム酸(メラニンの活性因子プラスミンの抑制をしてくれる)ビタミンC、ピーリングが有効だと言われていますよね。

 

塗布としてはアコライムのセラム、ヴィーナスはおススメです!!

【アコライム化粧品について】こちらから★

 

女性ホルモンの関係で現れやすい肝斑ですが、そのモヤモヤしたシミの中には、肝斑?と言えないシミもあります。中には紫外線を受けてできたシミも中にはあるはずです。

そして、そんなモヤモヤしたシミの中にある、濃いシミが薄くなったら、実は目立ちにくくなるのです(^^)

 

モヤモヤシミの中の濃いシミに打ち勝つ!

 

まずはそんな、濃いシミを少しデトックスさせるためにお試しでシミデトックスをさせていただきました。

そしてもう一つお試しの理由はそのシミがお肌の中で実際どの辺りに停滞しているのか?確認する事で、今後のアプローチも変わって来るからです。

 

 

左側は来られた時のお写真。

中央は5箇所程、濃いシミに対しアプローチさせていただいたお写真。

 

見てわかるように、シミがホクロのようになる場合があります。

 

シミデトックストリートメントとは??

 

これは、そのシミが角質層の1番上の層にまで上がっているからです。上に上がっていれば、アカとして追い出せますが、シミの根はもちろん深いのですから、7日、7日…というように、ゆっくりターンオーバーをあげていく必要も忘れてはならないのです。

1番右のお写真は、黒くなったものが剥離してターンオーバーが進んだ状態。

 

あてた部分がワントーン明るくなっています。

 

 

このように、ピンポイントにシミにアプローチしていくのも1つのアプローチです。

このような場合は体験シミデトックスもキャンペーンでありますのでお問い合わせくださいねー!

 

【シミデトックスキャンペーンはこちらから★】

 

さて、今後は全体を整えるためにハーブトリートメントから開始です!!

 

 

【ボーテリバイブトリートメント(ハーブ療法)】こちらから★

【Rオリジナルビフォーアフター】こちらから★

【お問合せは・ご相談】こちらから★

 

LINE@お友達登録募集中!!お得な情報発信中!!こちらからご登録くださいね↓

 

日常日々更新♥⇩

【Rアメブロ】こちらから★

関連記事

  1. ハーブ療法

    ボヌールエボーテ・ハーブ療法へのこだわり

  2. 肌トラブル別にオプション導入できるハーブトリートメント

  3. ニキビケアにハーブトリートメント

  4. サポートサービス

  5. サロントリートメントは組み合わせが大切

  6. ハーブ療法

    ボヌールエボーテコレクションで小顔に♡