ボヌールエボーテのハーブ療法って痛いの?

『ハーブ療法って痛いと聞くのですが、

どのような痛さなのでしょう?またなぜ痛いのでしょう?』

新規のお問合せでよく質問されることです。

ハーブ療法

 

肌深部に働きかけるハーブ療法

 

ボヌールエボーテ・ハーブ療法(ボーテリバイブトリートメント)の導入するハーブは

 

肌の深部に届け働きかけるもの、

肌の表皮に届け働きかけるもの、

 

それぞれ必要なところに

必要なハーブが届くよう

100%天然ハーブを大きさを変えて粉砕加工しています。

 

その天然ハーブがダイレクトに毛穴から肌深部に入って(刺さって)いきます。

 

その状態が『痛い』ということにつながるのです。

ハーブ療法

 

痛くないハーブ療法・刺さらないハーブ療法

 

ハーブ療法のメーカーは様々です。

それぞれに、研究を重ね、一つの商品として世に出ていることと思います。

 

その中で

痛くないハーブ療法や

深部に刺さらないハーブ療法等もあると思います。

 

そこにはメリット、デメリットもあることでしょう。

 

もちろんRのハーブ療法であるボヌールエボーテ・ボーテリバイブトリートメント(ハーブ療法)も例外ではありません。

 

・しっかりと深部に入るから痛い

ダウンタイムがある。

 

などもデメリットのうちに入ると思います。

 

ただ、

実際に肌深部に入り働きかけるから、

肌本来の力が育ち、自らターンオーバーを促進し、

肌の生まれ変わりのスピードを促進することにつながります。

いわゆるものすごく自然で安全=結果なのです。

 

【R症例ビフォーアフター】はこちらから★

image-44

 

目的をしっかりと確認しましょう

 

無理に肌表面をこすることでターンオーバーを上げると

肌は薄く弱くなってしまいます。

このように、それぞれのメーカーがありハーブ療法にはメリット、デメリットは必ずあります。

 

ご自身のお肌を今後どのようにしていきたいか?

目的などもしっかりとサロン側に確認してお選びくださいね。

 

【ボヌールエボーテ・ボーテリバイブトリートメント(ハーブ療法)】はこちらから★

revive_bn

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. アコライムヴェリテのご感想

  2. アコライム

    お客様のお喜びの声(アトピー症状)

  3. エイジングケアに【抗酸化】!その日焼け止め大丈夫??

  4. プラセンタハーブピーリングトリートメント

  5. ニキビトラブルに駆け込みエステサロン

  6. 肌改善にハーブ療法!