どんなUVを選んでいますか?

本格的に紫外線が強くなるこの季節。

皆様はどのようなUVケアをしていますか??

数値が高いほうが良い?

 

紫外線は、

メラニンを生成して肌を黒くするだけではなく、

乾燥を引き起こしたり、肌の中の細胞を壊したり、

シワやタルミ原因にもなります。
ではその紫外線をカットするのに書かれている表示

『SPF』『PA➕…』の役割って??

 

SPFは、紫外線B波をカットする力。

PAは、紫外線A波をカットしてお肌を黒くするのを防ぐ力です。

 

A波はお肌の奥(真皮)まで入り込み、

細胞にダメージ与え、しわ、タルミの原因にもなってしまう。

 

B波はお肌の表面のダメージを与えるもの。

 

SPF数値が高ければだいたいカットはでき、SPF数値が10で約3~4時間効果はあります。

なので、通常ならSPF30あれば8時間くらいの時間は大丈夫と言われています。

 

基本SPFの数値が高くなればなるほど、

紫外線吸収剤や散乱剤を多く含む商品となりますので、

その部分で言うと、

数値が高くなればお肌に負担をかけてしまうことになりかねません。

 

数値を選ぶというのは大切なことだと思います。

 

日常生活のレベルに合わせてUVケアを選んでいますか?

では、皆同じUVケアでいいのでしょうか?

お仕事で外回りをする方、

内勤業務がほとんどの方、

それぞれ紫外線の影響を受けるレベルが違うのですから、

UVの内容は変えたほうがよいですよね。

 

例えば、

うちで一番人気のUVケア商品【アコライムCCクリーム】

 

こちらは受けた紫外線を可視光線といって、

お肌に良いといわれる光に変換してお肌に入れてくれるという特許処方のUVです。

 

ある意味光エステ受けるUVと言った感じでしょうか。

 

【アコライムCCクリームで光エステ】こちらの記事から★

 

UVケアは塗るだけではありませんよ~

また、紫外線は目からも侵入してきます。

目が紫外線を認識して脳へ伝達することで、メラニン生成へとつながり、

お肌に活性酸素を発生させるということも・・・

 

そんな目から受ける紫外線をなかったことにしてくれるのが、飲む日焼け止め。

Rで扱っている飲む日焼け止め【ミラグロAG】もおススメです!!

 

【紫外線をなかったことに!飲む日焼け止め】こちらの記事から★

あとは、

酸化させない身体を作ったり、

肌代謝を上げてメラニン生成を抑えたり、

規則正しい生活で紫外線からお肌を守り、追い出すことのできる身体を作っていきましょう~!

※最近雑誌掲載の多い【アコライム化粧品】お問合せをたくさんいただきありがとうございます。いつでもお問い合わせくださいね。

 

【お問合せは・ご相談】こちらから★

 

LINE@お友達登録募集中!!こちらから↓

関連記事

  1. 今年は花粉に悩まされていません

  2. ハーブ療法

    新たな出発もやはりハーブトリートメントからスタート

  3. シミトラブルで一番多い肝斑とは?

  4. 手軽に続けやすい【酵素ドリンク】新しく仲間入り

  5. スキンケア商品のライン使い

  6. 敏感肌の方要注意!!間違った洗顔方法はお肌を傷つけます。