スキンケア商品のライン使い

『クレンジングは別のメーカーでもあまり変わらないと思っていました。今回クレンジングもアコライムに変えて、いままでにないほどの透明感やツヤ感を感じてびっくりです。スキンケアってやっぱりライン使いすると相乗効果が高いのでしょうか?

アコライムを使用いただいている先日のお客様の声です。

 

クレンジングとは?

クレンジングは基本汚れを落とすものですが、その中にある界面活性剤などの刺激や洗浄力の違さによってはお肌に刺激を与えかねないとも言えます。

塗布するローションやクリームなど【敏感肌用】を使用していても、落とすものが添加物の多い刺激のあるものだと、どうでしょう?お肌には刺激になりますよね・・・

 

それぞれどこのメーカーさんも、スキンケア商品のコンセプトは同じだと思います。

アコライムのライン使い

 

やはり、ラインで使うというのは、すべてのコンセプトが合っているので、相乗効果が上がるのではないかと思います。

 

アコライムの場合、目的の一つに【皮膚の常在菌のバランスを整えることで肌を守り育てる】ことがあると思います。その中で、自身の常在菌を無理やり削るようなクレンジングだったらどうでしょうか?

例えば、殺菌作用のとても高いクレンジングだと、常在菌はどうなるのでしょう?

 

ニキビ肌だと、殺菌も一つのケアだと思います。殺菌をすることでニキビがなくなることもあるのですが、そのほかの大切な菌まで死滅させてしまい、お肌を守るバリア機能の低下にもつながる可能性があります。

【ニキビ肌にアプローチ】こちらから★

 

クレンジングで、汚れはしっかりと取り除き、尚且つ、お肌を守る常在菌のバランスを整え、次に塗布するローションの入りをよくする。

 

お部屋の床も同じ♥

きれいに汚れを取ってワックスしないと、ノリも悪いし、汚れのシミはかえって取りにくくなる・・・

しかし、科学的に無理やり汚れを取ってしまうと、床材が薄くなったり、色が変色してしまったり、残念な結果になることもあります。

 

お顔も同じかも・・・土台をきちんと整える!

お肌を育て整えるにはまずはクレンジングの土台作りが大切ですね。

 

※身体の土台作りにはケイ素もおススメです!Rは正規取扱代理店ですので、サロンで販売されたい方募集中です!いつでもご相談くださいね。

【お問合せは・ご相談】こちらから★

 

LINE@お友達登録募集中!!お得な情報発信中!!こちらからご登録くださいね↓

関連記事

  1. カウンセリングを受けないと購入できない化粧品とは?

  2. ハーブ

    ニキビ肌へのアプローチ

  3. ハーブ療法

    ボヌールエボーテ・ハーブ療法へのこだわり

  4. ご主人様にはローション&ウォーターを♡

  5. サロントリートメントは組み合わせが大切

  6. ニキビケアにハーブトリートメント